Casa Carrera

必死!(続・ポートベロ訪問)

こんばんわ、木口(F)て゜す。
先日ポートベロさんにお邪魔した際の続きです。
今回は「何か嗅ぎつけたような」ナイスなタイミングだったのがアンティークのタイル。
イギリスから入荷したばかりでまだ仕分け段階で店頭に並ぶ前のタイルが200枚どっさりとありました。「ラッキー!」と意気込んで一枚、一枚丹念に選びました。

c0047339_21442679.jpg

・・・もう、必死! (笑)・・・一度にこんなに沢山のアンティークタイルを見られるチャンスはなかなか無いので髪も振乱してじっくり見入りました。
只今設計中のN様邸やH様邸の壁に埋め込みたいなぁ・・・とイメージしながら選びました。空間の中で美しい存在感を放つ姿を想像してワクワクしました
いつも思いますが、新品のタイルでも「アンティーク風」タイルというそれっぽいタイルが沢山あります。でも、やっぱり本物はその固体が醸し出す雰囲気(背後にある歴史が滲み出す、あの独特のウェットな感じが好きです)と存在感が「それ風」とは違います。実物に触れるとやはりアンティークは美しいと思います

by casa-carrera | 2007-09-29 22:01

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

住まいとくらし
建築・プロダクト