人気ブログランキング |

Casa Carrera

チャングムの旅

10月1・2・3日に若干名のお留守番のスタッフを置き去りにして韓国へ
社員旅行へ出掛けました。
絶対に寒い!!と豪語して出掛けたわたくしでしたが・・・
どちらかといえば汗ばむ陽気。みんなごめんよ!わたしのせいで
分厚い上着を持ってきてしまったね・・・と後悔するわたくし木口でした。
けっこういろいろなところを観て回りましたが、なんと言っても今回のメイン(?)
はドラマ、チャングムの誓いのロケ地を観ること。
おー!あのシーンはここか・・・と感慨深かったのはわたくしだけでしょうか?

c0047339_12583690.jpg 
 仮装にすっかりその気。
 それにしても右奥の部長、
 似合過ぎ!
 王さまに扮した社長も
 御満悦の表情でした。
 わたしく木口は・・・
 頭にカタツムリが乗った
 ような、不思議な感覚でした。
 どこの国も昔の女性は大変
 だったのだなぁ、と感心。


c0047339_135920.jpg
 本物の昔の王宮前での一枚。
 満面の笑みのわたくしの隣の
 守衛の男の人目が怖かった!
 でも、衣装は華やかで
 とても綺麗でした。
 この日は韓国の旧正月(?)に
 あたる日だということで中では
 イベントが行われており得した
 気分でした。
 伝統舞踊やコンサートが開催
 されていました。

c0047339_13124591.jpg 
 
 
 左の写真は思わず足を止めた
 きれいな塀。
 レンガでこまかい細工がされて
 いてとても印象深かったです。
 聞けば、重要文化財に指定さ
 れているそうです。




そんなこんなで夜も更けていき・・・カジノに行く者もいれば足ツボマッサージへ
いく者もあり。 あっという間に2泊3日の旅は終了しました。
ちょっと残念だったことは韓国のお金、ウォンのレートがあまり良くなかったこと。
どんどん悪くなっているそうて゜す。
2年前にいった時は確か・・・1万円=10万ウォンだったはずが今回は・・・
1万円=7万8千ウォン程!けっこう大きく違いました・・・。
なにはともあれ無事皆元気で帰国しました、たまには息抜きも必要ですね。

# by casa-carrera | 2006-10-08 13:27

カーサカレラボーリング゙大会

第2回ボーリング大会を開きました。
思いついた時に突然開催するのがカーサカレラボーリング大会です。

メンバーも思いついた人を誘い、今回は某水廻りメーカーの
美しいお姉様2人と営業のお兄さん1人、家具屋さん、電気屋さん
を誘い合計11人。

c0047339_12572590.jpg

c0047339_1412957.jpg
 上手な人は、スコア200点 
 下手な人は、スコア70点位
 かなりの違いはありますが
 アバウトなハンデも付けました。     
 社長の腕前は・・・
 想像にお任せします。
 左が華麗(?)なフォームです。





c0047339_13315310.jpg

  こちらのショットはこの日
  奇跡的に調子の良かったスタッフ鳥淵です。
  (ただし1ゲーム目だけだった・・・)
  
  思い起こせば第1回ボーリング大会では
  ボーリング2ゲームをこなした後、
  もちこんでの大卓球大会でした・・・
  流石にハードでみんなだんだんと口数も
  少なくなり
  ・・・ということで今回はボーリングに
  専念したのでした。


 

c0047339_14151597.jpg
  ボーリング大会後
  食事会での社長を
  囲んでの記念撮影。
  運動の後のビールは
  とってもおいしかったです。
  
  ボーリング、卓球、
  その他ゴルフ大会など
  積極的に会を催す
  カーサ・カレラでした。


 

# by casa-carrera | 2006-09-19 16:17

アンティークステンドって素敵☆

ちょっと前モデルハウスのトイレの窓にアンティークのステンドグラスを
はめ込みました。
なんせ透明ガラスだった為、お客様から恥ずかしいという声を多数頂き
ステンドを入れることにしました。
これがまたイギリスのアンティークものでとっても綺麗。



c0047339_15475749.jpg
  これは取付前の写真。
  のどかな田園風景が広がり
  なかなかの眺め。
  念のため、
  合成ではありません。
  たまに農作業のおじちゃん
  と目があっていた気がする。

  




c0047339_15502710.jpg
  ステンド取付後。
  借景の田園風景も
  楽しめるように
  色は付いていない
  ガラスのものを選択。
  周りの田んぼや山の
  四季折々の景色も
  楽しみつつある程度の
  目隠しにも。



c0047339_15553593.jpg
  窓に埋め込むほか、
  リビングの壁や
  扉に使ったり、
  小さくても充分存在感が
  あって素敵です。
   
  好きな方には是非お勧め。
  値段も手頃なものから
  たくさんあります。
  手作りの為同じものが
  無いことも魅力ですよね。

# by casa-carrera | 2006-09-16 16:04

2005スペインの旅

昨年の秋、フランス・スペインへ視察旅行へ入ってきました。
実は旅行前夜、スーツケースに荷物を詰め込んだ後、鍵が開かなくなってしまい大騒ぎ
して最初からドタバタだった。(わたしだけだろうけれど。)
ともあれ、
驚くほど沢山の写真を撮ってきました。折に触れて少しずつ紹介していきます。
個人的には、スペイン、とても良かったです。(フランスが悪かった、訳ではありません。)
フランスから列車でスペインに入ると、随分フランスより温かく、
町の人達も気さく。物価も安く、地下鉄も分り易い。
今回の旅行は、色々な建物を欲張って観る為にツアーではなく
ホテルのみの予約で出発した為、何処へ行くにもとにかく自力。
故に、交通手段は死活問題だったのです。
フランスでは地下鉄からの出口が分らず4人で地下を右往左往、涙が出そうだった・・・

c0047339_22174116.jpg

 ガウディ尽くめのスペインの旅。
 グエル公園のアプローチです、
 なんだかグロテスクだけれど
 かわいかった。
 この後日本人の集団にこの
 階段は占拠されました。
 朝一番に行って良かった。







      c0047339_22204151.jpg


 ガウディ設計の集合住宅。
 幻想的です。
 曲線に囲まれた不思議空間。
 こんな家で暮らしてみたいな、
 老後はスペイン移住もいいな、
 と思いました。





c0047339_22293386.jpgc0047339_22345289.jpg














 社長と部長のツーショット×2枚。集合住宅内部のイスはデザインもガウディによるもの。
右の写真は屋上。不思議な物体が見えますね、煙突らしい。本当に細かいところまで
デザインされていました。
一日ガウディの作品巡りをしていたら、あまりにもの強烈さに心も体も飽和状態。
観たかったフラメンコには辿りつけず、夕方6時から爆睡してしまいました。
次回は本場のフラメンコ、観たい!!
  

# by casa-carrera | 2006-07-18 22:40

お久しぶりです・・・

大変、大変御無沙汰しておりました。
カーサ・カレラ スタッフのKIGUCHI YOSHIE です。
また日々の徒然事を書いていこうと思います。
今回はトピックスでもご案内した
7/8・9とコンベックスで行われた「住まい夢フェア」の
ブースをご紹介します。
c0047339_1418392.jpg

 ブースは1.8m×3.0mでした。
 左の写真はもうだいぶ出来上がってます。
 照明器具をとりつけているところ。
 いやー、結構大変でした。
 色々な方の手を借りて・・・
 協力業者の方々、ありがとう!
 1週間ほど前から準備に取り掛かり、
 社長は1日徹夜をした、と誇らしげでした!?
 今回のコンセプトは施工例の写真を
 編集した美しい(!!)映像を大きな画面で
 存分に見て頂く、というもの。
 そのDVDの編集にはかなり力が入りました。




c0047339_14251029.jpg
 じゃーん、完成です。
 いやー、なかなかのもの、
 じゃないですか、
 自分で言うのもなんですが。
 
 フェア当日は本当に沢山の
 来場者に恵まれました。
 お越し下さった方々、
 この場をかりまして
     有難うございました。



 たまにプラズマテレビの販売ブースか外国の何かのメーカーに勘違いされたこと、は
 次回フェアの課題としたいと思います。
 今回のフェア用に編集した映像はモデルハウスでご覧頂けます。
 見逃した方、是非お越し下さい。

# by casa-carrera | 2006-07-12 14:42

お茶の時間

カーサカレラのスタッフはタバコを吸いません。だから、かどうかは不明ですが甘党揃いです。
和菓子・洋菓子を問わず毎日なにかしら甘いものを頂きます、お茶と共に。
和菓子は事務所の近所にある華宵庵さんのものをよく頂きます。さっぱりした甘さでとても
美味しいですよ、中でも「わらびあん」がお勧めです。

飲み物にもこだわりがあります。
日本茶の場合、好んで飲むのは、京都の一保堂のお茶です。通信販売もしていますが京都に行った際にまとめて買ったりもします。天満屋さんの「大京都展」でも見かけました。是非
お試し下さい。とても癖がありますがお勧めは「煎り番茶」です。好みがハッキリと分かれるよ
うですのでお好みに合わない場合は御了承下さい。

紅茶の場合、最近よく飲むのがHEDIARD~エディアール~の紅茶です。下の写真のように真っ
赤なかわいい缶に入っています。写真中の黒い缶はMARIAGE FRERES~マリアージュ・フレール
~です。アール・グレイやジャスミンなど風味の強いものがお気に入りです。夏は冷やして
ガブガブ飲みます。

c0047339_17142636.jpg



打合せの際などなるべくお客様にも美味しいお茶を召し上がって頂けるようにしているつもり
です。是非一度モデルハウスへお越しください。

# by casa-carrera | 2005-04-24 17:37

東京出張

3/3.4で東京ビックサイトで催された建築建材展へ行きました。
ビックサイトでは沢山の商品達を実際に目で確かめることが出来て有意義でした。
こういった大きな催しでは様々なメーカーを同時に見られることが魅力的です。

分刻みのスケジュールとまではいきませんが、家具のショールーム・建築展・美術館
など、欲張ってまわって来ました。
一部写真を紹介します。
c0047339_14442249.jpg 六本木ヒルズにて。
 森美術館で近代都市展を観た
 後展望台でのワンショットです。
 小さいけれど東京タワーが写っ
 ています。
 展望台は回廊のようになって
 いて360度(?)から東京を眺め
 られました。
 写真撮影後、程なく夕暮れとな
 りそれもまた美しかったです。
 わたくし達はちょっぴり疲れた
 表情をしていますね・・・

  c0047339_14553166.jpg 
三鷹の森ジブリ美術館にて。
丸いフォルムの独創的な建物
でした。
内部は写真撮影禁止でしたが
とてもクラッシックな感じ。
オリジナルのステンドグラス(ト
トロなど)やロートアイアンが
多用されていて勉強になる点
が沢山ありました。
遊び心が随所にみうけられて
壁の騙し絵が印象的でした。


c0047339_1574627.jpg 外側から見た窓・・・眉毛みないな造形で可愛らしかったです。
 かなり外壁の色が褪せていて、出来た当時のはっきりとした色彩が
 みられなかった事が残念でした。
 建物内部から見るとステンドが埋め込まれて幻想的で不思議な空間
 を作っていました。
 アプローチの花壇に使用されているレンガもオリジナル刻印入、など
 細部まですべてデザインされていて見応え充分でした。
 子供も大人も楽しめる森の中の美術館でした。


 以上東京出張レポートをお届けしました。
 余談ですが、恵比寿で食事をしていると隣のカウンターで杉田かおるさんがお食事をされて
 いました・・・いやーやっぱり東京だな、と思った瞬間でした。
 

# by casa-carrera | 2005-03-13 15:25

はじめまして。

はじめまして。
このコーナーでは日頃casa−carreraのまわりで起きる徒然事をスタッフの言葉で紹介しています。一見、直接お仕事に関係ないと思われる事柄も含みます。御了承ください。

今回は昨年秋のヨーロッパ見本市ツアーの中から社長のプライベートな表情を御紹介します。

c0047339_14541268.jpg


勿論、社長は左側です。右側のジェントルマンは一体誰でしょう?
答えは、Giorgio Grimoldi 氏です。・・・ってどなかといいますと、ミラノの時計メーカーGRIMOLDI(グリモルディ)のデザイナー兼オーナーです。時計好きな方なら耳にしたことがあるかもしれません。
イタリアからフランスへの移動の際ミラノのお店へ立ち寄ったところ、たまたまお店にいたオーナーにすっかり舞い上がりいろいろとお話をしました。デザインについてなど、大変興味深かったです。ご本人は翌月にご結婚されると言うことでとても幸せそうでした。
下はお店に100年以上前からある、ヴェネチアンガラスのシャンデリアです。美しかった。

c0047339_1593789.jpg


最後に住宅見学で訪れた、カンヌの美しい風景をお届けします。

c0047339_15115285.jpg


御覧になられた感想、ふとした疑問などお待ちしております。
Eメールアドレス casa-carrera@vp.tiki.ne.jp



# by casa-carrera | 2005-02-15 20:26

   
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

住まいとくらし
建築・プロダクト